小田原 うなぎの柏又 小田原城下で鰻料理・鳥料理一筋100余年

神奈川県小田原市本町1-9-35
11:00〜15:00/16:30〜19:30 木曜・第三水曜定休

0465-22-0267

  • 小田原のうなぎ・柏又は座敷もご用意しております。
  • 小田原市のうなぎ・柏又は食堂のご案内もございます。
  • 小田原城下のうなぎ・柏又。うなぎの蒲焼きは備長炭を用いています。
  • 小田原駅のうなぎ・柏又。うなぎの白焼き。

お知らせ

2018年12月28日(金)から2019年1月3日(木)は
年末年始につき休業とさせて頂きます。ご了承下さい。

美味求真
城下町小田原で、鰻と鳥料理一筋百余年。

北に峻険、箱根山。南に釣り船賜わう相模湾を控える城下町小田原。
乱世の雄、北条早雲で知られたこの地に百余年の歴史を刻む「柏又」があります。
「温故知新」の故事どおり、本当に美味しいものを求めて、料理の原点を為す水に至るまで心をくばり、
伝統に生き又、伝統に流されることなく、
研鑽を重ね、時代の一歩先を歩む「老舗」でありたいと考えています。

練達の職人がつくる老舗の味
心なごむ至福の一瞬

小田原城跡公園の南、国道1号線近く。
黒板塀と木造二階建てのゆったりとした店構えです。
総理大臣・近衛文麿や三井財閥の大番頭で三井物産の創業者にして、近代茶の湯の大成者・益田鈍翁をはじめ、「電力の鬼」といわれた東京電力の松永安左ヱ門、作家の菊池寛など、各界で活躍された方々が足しげく通い、
今でも二代、三代と続けて尋ねる常連客が多いことで知られています。

昔ながらの食堂の雰囲気を残した
趣と温かみのある空間
三井財閥の大番頭で近代茶の湯の大成者
益田鈍翁の書
「電力の鬼」といわれた
東京電力の松永安左ヱ門の書